社会福祉士は、介護福祉士とともに、わが国で初めて誕生した社会福祉専門職の国家資格です。
担う役割は、「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められており、
主として、高齢者や障害者など、福祉ニーズをもつ者に対する相談援助を業とします。
彼らのニーズを受容し、彼らの利益と権利を護るとともに、自立(自律)支援のため、
他の福祉サービス関係者等と連携しながら専門職としての知識や技術を駆使する
社会福祉援助(ソーシャルワーク)の実践を展開しています。

 

「社会福祉士」は法律上の名称であり、資格の名称がそのまま職種の名称になるとは限りません。
例えば、福祉事務所ではケースワーカー、社会福祉施設では生活相談員、社会福祉協議会では福祉活動専門員、
医療機関では医療ソーシャルワーカー(MSW)などと呼ばれています。

修業期間 1年6ヵ月
定員 80名
カリキュラム 1学期
社会保障/心理学理論と心理的支援/障害者に対する支援と障害者自立支援制度/相談援助の基盤と専門職/相談援助の理論と方法/福祉サービス組織と経営/現代社会と福祉/高齢者に対する支援と介護保険制度/福祉行財政と福祉計画/就労支援サービス
2学期
地域福祉の理論と方法/社会調査の基礎/低所得者に対する支援と生活保護/児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度/社会理論と社会システム/保健医療サービス/人体の構造と機能及び疾病/権利擁護と成年後見制度/更生保護サービス/相談援助演習/相談援助実習指導

国家試験受験資格が取得可能

レポート提出、スクーリング、施設での実践学習の評価を受け、受験資格を取得できます。
国家試験は毎年1月実施予定。

スクーリング&相談援助実習

1週間の面接授業が行われます。
相談援助実習については、1年以上の実務のある方は履修が免除となります。本校は広島市中心部に位置し、地理的条件に恵まれ、来校には非常に便利な場所で、7月・8月に行います。

自宅学習

国家試験合格に向けて、テキストの配布や資料の提供、アドバイス・相談など、きめ細かくサポートします。

社会福祉士資格取得要件

※実務 厚生労働大臣が定める各施設において福祉及び医療に関する相談援助業務に従事している者。

ビジネスもプライベートもEnjoyしながら、計画的にStudy出来ます。「社会福祉士」国家試験受験資格を得ることが出来ます。

2020年度 募集日程について

社会福祉士通信学科 2020年度の募集要項はこちら

資料請求はこちらから